amazon輸入とは?

               

やんぞうです。

今回の記事はamazon輸入を実践していない方向けの記事になりますので、

すでに、amazon輸入販売をしている方は読んで頂いても知ってるよ。

という事になりますので、とばしてください。

amazon輸入とは?

まず、amazonで輸入商品を販売する事がamazon輸入と呼んでいますが、

媒体(売る場所)

amazon以外にも、ヤフー、楽天、独自ネットショップと媒体は多数ありますが、

やはり、amazonの販売力とFBAのサービスがあるので初心者の方はamazon販売から始めるのはいいと思います。

先ほど、FBAというサービスがあると伝えましたが

これは、非常に便利で

もし、このサービスが無ければ僕はネット販売というビジネスに手を出さなかったと思います。

071
FBAの何が凄いかというと、amazonで販売したい商品をamazonの倉庫に納品をすれば、
梱包、発送、入金等の全ての作業をamazonのスタッフに任せる事が出来ます。

なので、商品が売れたとしても自分で商品を発送する手間が省けます。

ただし、amazonの倉庫に納品をする時は自分でやりますが、

この時に各商品事にバーコードのラベルのシールを貼るという作業はあります。

FBA納品代行会社もあるので、自分でラベルのシール貼りをやりたくない方は
納品代行会社を利用してもいいと思います。

オススメの納品代行会社は知りません。

109

何故かというと、僕が利用してないからです。

何故?利用しないかというと

納品代行会社が日本人の場合、仕入れ先から金額まで全てのデータを日本人がやっている納品代行会社に
バレてしまう為に僕は利用していません。

話を戻しますが、FBAのサービスで特に凄いのがマルチチャネルというサービスで
1度amazonの倉庫に納品をすれば、amazon以外で販売をして売れたらマルチチャネルを使い
amazonの管理画面から発送手続きができるので

商品をとりあえずamazonの倉庫に納品をしてしまえば個別に発送をしないで良いので
ほったらかしで大丈夫なので、管理も楽だし梱包作業をしないので
自動という言い方がピッタリきます。

amazonのサービスを知れば知る程、どれだけ作業短縮になるかビックリすると思います。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

↑ポチって下さい。

輸入とインターネットを使った稼ぎ方のメルマガを始めましたので、僕のアメブロ内のサイドバーから登録する事が出来ます(パソコンからのみ)。



よろしくお願い致します。

コメントを残す