Amazon輸入販売の攻め方

やんぞうです。

Amazon輸入販売の攻め方には、大まかに分けると3つの戦い方を選びます。

まず1つ目は、僕が得意とする縦積みの戦略です。

物販の王道の攻め方といっていいでしょう。

単純に仕入れ個数により、上流から仕入れていく方法ですね。

簡単に説明すると、

メーカー

問屋

小売り

の順番で商品を仕入れますが、
どこから仕入れれば安いと思いますか?

考えなくても、スグに分かると思いますが
一応、気になったので考えて下さい。

要するに、縦積みとは交渉して最上流から交渉に仕掛けます。

初心者やもう少し規模が小さい場合は、他の方法で交渉をしていきます。

このように、仕入れ値をいかに全霊をこめて値下げ交渉に挑みます。

これは、仕入れ先ができれば長い仕入れ先だと

付き合いが何年も続き仕入れの簡略化につながります。

2つ目は、横積みという攻め方について説明をしようと思います。

これは、単純にツールで価格差を拾ったり単発仕入れ等で横に商品数を並べていく方法ですね。

簡単にいうと、小売りから買って小売り?をするという事です。

横積みは、とにかく商品点数に拘るかにかかっていると思います。

3つ目は、無在庫販売ですね。

この方法は、注文を受けてから仕入れをするのでリスクは少ないですが
問題は、無在庫販売というのは莫大な商品数をツールで一括出品をするか?

ピンポイントで手作業で売れそうな商品を登録するかだと思います。

ただし、無在庫販売は管理が非常に大変でシッカリ管理をしないと
amazonでアカウント停止等のリスクが1番多い手法です。

物販専業なら取り組むべきです。

他の、事業等をやる場合は従業員等を雇わないと物販専業にならないと作業量が多いので
考えてやらないと、アカウントリスクもありますし慎重に考えましょう。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

↑ポチって下さい。

輸入とインターネットを使った稼ぎ方のメルマガを始めましたので、僕のアメブロ内のサイドバーから登録する事が出来ます(パソコンからのみ)。



よろしくお願い致します。

コメントを残す