Amazon輸入中国輸入 最新版ツール

やんぞうです。

中国輸入最新版のツールがでました。

「中国輸入アマゾン転売の仕入れリサーチ」において、
 作業を超効率化させるWebツールとなります。
 (初月1980円、月額4980円)

●アマゾン全カテゴリの隅々から、利益の出る仕入れ候補だけなく
 仕入れ先まで一瞬で見つけられる

●中国仕入れ先の発見まで「3クリック以内」で完了

●利益額、利益率まで自動で計算できる

●複数のパワーセラーの出品を簡単に分析できる

●全商品データを保存 & 仕入れ・利益情報を一元管理できる

 と、これまでのアマゾンリサーチツールよりも
 ダントツに高機能なツールとなっております。

上記のように、これまでのアマゾンリサーチツールに比べ
 圧倒的に優れた機能を持つにも関わらず、

 1.利用代金は【初月1980円】という
 アマゾン輸出入に興味がある人なら申し込まない方がおかしい
 価格帯で提供しています。

 さらに
 2.「利益の出る仕入れ先を見つけられなければ返金」
 という【100%利益保証】制度を設けています。

 以上、二点を前面に出してもらうことで高成約率が見込めます。

 すでに1000名以上の方々に収益獲得に役立ててもらっていますので
 その効果とクオリティは折り紙つきです。

 さらに、お申込み特典として

 ・利益に直結する検索キーワード220個のリスト
 ・無制限メールサポート
 ・中国輸入ノウハウサイト
 ・ツールの図解解説マニュアル

下記をクリックして頂き動画でご確認ください。

(特にお勧めは、2と4の動画です)

【アマテラスの使い方】動画リスト

1.画像検索&キーワード検索
https://youtu.be/KHcGBmYOiqI

2.セラー追跡機能、データストック機能
https://youtu.be/hwDFkK88UdE

3.リサーチ時に便利な機能など
https://youtu.be/iA93TH09BQ8

4.売れた個数追跡機能 & キーワード候補機能
https://youtu.be/qWALXrLCNfk



アマテラス 中国輸入リサーチ超効率化ツール

Amazon輸入 僕のコンサル内容で本気で取り組むと?

やんぞうです。

昨日は、あるコンサル生と連絡を取ったのですが

7月に開催したセミナーにも参加をして頂き

更にWORLD杯にも参加をして頂いた方です。

ブログはやっていないので紹介が出来ませんが…

彼は

8月から昨日迄である程度形が出来たので

あとは、リストから仕入れたりすればいいと言っていたので

お金が効率よく使えるという事は時給が素直に上がります。

仕組みを理解するのには

やはり、2ヵ月から3ヵ月は最低掛かると思います。

この方も、2年位前に入ったコンサル生だったのですが

パチンコが…

という理由から8月までやってなかったので僕としては

やっとか?

という感想です。

他にもYNZグループに良く出てくるエヌノ君とチッハーも同じで

2年位前に入ったのに今年の2月から真面目にやり2ヵ月位で形を作ったと思います。

まだまだ他にもいます。

先々月に入った方は2年前の私に言いたいと言ってましたww

更にとどめに麦わら…

彼は最短を行く。

麦わらもブログをやっていないので紹介が出来ませんが、

僕のブログの記事に本人の画像は写っていますww

勝手に。

本当に真剣に取り組んで始めに時間をかければ後からは時間が短縮されるので積み上げ型ビジネスです。

動いてみないと分からないけど気になるという方は

僕に質問をバシバシ下さい。

お答え出来る範囲でお答えします。

YNZグループに11月からEbay担当講師が増えます。

やんぞうです。

11月からYNZグループであきにEbay担当講師してもらいますYNZに新しいコンサル部門が誕生します。

彼とは17年近い付き合いですねw

欧米輸入、せどり、Ebay

それなりに細分化されてきたなと思います。

ただし、情報発信力があまりにも弱い。

ここを強化しないと意味がありません。

情報発信の大切差を理解して頂きたいなと思います。

Ebayに詳しいのがいるとEbayのセラーの気持ちを手に入れられるというメリットもある。

情報は沢山の所から集めれる仕組み作りを目指して物販グループYNZを大きくしていきます。

1年後が楽しみです。

Amazon輸入 日本のEC市場の動向を見るには? 経済産業省報告書

やんぞうです。

僕はECの市場調査をする時に色々な所から情報収集をしますが、

その1つとして経済産業省のデータも確認をします。

ビジネスで稼ぐのに1番いいのは成長産業になっている分野に飛び込む事が大前提だと
僕は考えています。

経済産業省の報告書では

1111

このような伸び方をしています。

日本でのEC市場は2015年は13.7兆円ですね。

物販系のカテゴリー事の情報です。

777777777777

この数字を見てどう感じるかは、それぞれの立場の方によって解釈が変わると思いますが
僕は成長している業界だと認識をしているので稼ぎやすいと思います。

逆に衰退産業で利益を出し続けるのは難しいと僕は素直に感じます。