Amazon(アマゾン)輸入 モノレートはどのような視点でみるか?

やんぞうです。

リサーチをしていてモノレートで過去の売れ行きを確認すると思いますがだいたい直近の3か月のデータを確認すると思います。

 

 

もしここで売れている履歴がないとしても過去1年の履歴も確認してみましょう。

もしかすると過去3か月で売れていない理由が見えてくる場合があります。

例えば過去3か月が値段が高かったり無在庫販売の人しかいない場合は売れない可能性があるのでシッカリと1年データを見た時に売れてるデータを見つけた場合は売れてる価格が相場という風に考える事が出来ます。なので過去3か月で売れてるデータが無くても売れる可能性はあるという事です。

 

 

1年データの時に動いていたデータを元にその価格帯で置けば商品相場がその価格帯の可能性が高いのでそのような商品というのはライバルがほぼいない状況なので利益率が高い商品を仕入れられる可能性が高いです。

 

 

1年データというのは季節物を見る以外にも長期的な販売価格というのを見れるので3か月データ以外にもこのように探すとお宝商品にぶち当たる時があります。

 

リサーチというのは経験を積めば積む程見る角度が変わっていき全体像を見ようとします。

 

 

これは初心者には難しいかも知れませんが中長期の動きを見る事により利益の取れる商品が更に見つかります。

ライバルがいないという事は価格競争にも巻き込まれないので自分の付けたい価格で販売をする事が出来ますがただし油断は禁物です。

ネット販売を長くやってる方は経験値が高いので色んな角度から仕入れ対象なのか判断をしたりしますがライバルが群がってる商品というのはどこかで価格競争が始まりますので極力は避けた方が無難です。

 

 

それか1度相場を崩して販売者を減らしてから価格を戻したりとか色んな方法でライバルを少なくさせて自分に有利にする方法を考えながらリサーチをしてみると今までとは違った見え方がするので1度このような見方をしてみて適正価格というのを確認をしてみて下さい。

 

 

視野が広がる事によりリサーチが今よりも上手くなると思います。

Amazon(アマゾン)最強価格改定ツール プライスター

こんばんは。

やんぞうです。

今更プライスターの話かよと思いますが知らない方もいると思いますので改めて紹介をしたいと思います。

プライスター

Amazon販売を経験している方は利用している方が多いと思います。
Amazonでも推奨しているのでここまで最強の価格改定ツールは存在しません。

商品点数が増えると馬鹿なセラーが1円とか下げたりして、いちいち手動で商品価格等を調整するのはめんどくさい
Amazonの価格改定ツールにはポイントは反映されないのでたいして使えない。

しかしプライスターはポイントにも対応をしているので価格改定が最強
プライスター

を使い細かい作業などはツールにやらせた方が便利です。

更に僕がオススメする機能はサンクスメールが自動で送れることです。
これは新規販売者の方でどうしても評価集めをするときには手動とツールでは
時間という大切なものをロスしません。

プライスターというリンクを踏めば動画で確認ができるので価格改定がめんどくさいと思う方は
無料期間だけでも試してみれば便利なのが実感できると思います。

更にこの価格なのにしっかりと、電話、メールにてサポートスタッフが対応します。

わからなければ聞けばいいだけ。

めちゃくちゃ便利ですよ。