Amazon(アマゾン)輸入、税金、確定申告、税理士紹介

               
やんぞうです。

 

今日は法人にして4期目の初の税理士と会い色々な話をしました。消費税の予想金額や法人税の金額がどの位でいつまでに用意をしとけばいいのかという話をしました。

 

 

僕の場合は法人なのでAmazon輸入や他のネット販売を今年から始めた方は個人事業主にあたるので(最初から法人の場合は除く)2017年度分は1月1日から12月31日の1年間の利益等を計算して2018年の2月15日から3月15日迄に申告をしないと無申告になってしまうのである程度利益が出たらシッカリ税理士にお願いして申告等をした方がいいと思います。

 

 

 

何故なら?

 

 

今年度分は白色申告をして来年度から青色申告をすれば65万の控除があるので税理士にお願いをすれば来年度分(2018年)のがしっかり青色申告が出来るのでこの65万というのは大きいので来年度等の事も考えてみて自分で申告が出来ないようでしたら税理士にお願いするのが選択肢として正しいと思います。

 

 

税理士のハンコがあるのと素人が書いた申告書を税務署が確認をした時に税理士をつけているとシッカリと第三者が確認したという事で税務調査が入りづらくなります。第三者が確認しない=いくらでも誤魔化せれるという風になるので

 

 

 

僕が利用している会計事務所は、横浜、渋谷、新宿、日本橋、名古屋、大阪、福岡、仙台

にありますので税理士探しのお困りの方は僕にご連絡を頂ければご紹介をする事が出来ます。

僕が利用している会計事務所は税理士の無料相談ありますので相談するだけでも分からない事は相談をした方がいいと思います。

 

 

あとから追徴課税とか嫌だと思いますのでシッカリと税理士に相談をしてどうすればいいのか聞くべきだと思います。僕の使ってる会計事務所はYNZグループの方も利用していますね。色んなジャンルのネット販売の知識があるので必要書類の説明とかはないので楽です。

 

 

問題は?

 

 

 

何も知らない会計事務所に行くとネット販売の知識がない場合も有りペイパルすら知らない可能性もあるのでそれからの説明になるのでめんどくさいと思います。やはり顧客でネット販売の顧客を持っている会計事務所に相談をすればスムーズに話は出来ると思います。

下記の僕のアメブロの記事でも似たような感じですがこちらの記事も確認をして頂ければより細かく理解できると思います。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

↑ポチって下さい。

輸入とインターネットを使った稼ぎ方のメルマガを始めましたので、僕のアメブロ内のサイドバーから登録する事が出来ます(パソコンからのみ)。



よろしくお願い致します。

コメントを残す