Amazon(アマゾン)輸入ビジネス 海外福袋ってあるの?

やんぞうです。

 

今日のタイトルは珍しいでしょ?w

 

実際に海外で福袋という習慣があるのか?

 

 

日本だけの文化です。福袋というのはデパートや109とかで行列が出来ているニュースを正月に観たりすることがありますが日本だけの文化なんですよね。誰かこれを輸出して海外で流行らせてみてはどうでしょう?w

 

ビジネスってこんな感じで例えば日本でしかやっていないモデルのビジネスを海外でやったり海外で流行っていたり普通に商売をしてるモデルを輸入してきてビジネスとして成立するのか実験と検証というのが必要になりますが大きく考えると大企業も真似のしあいなんですよね。電気自動車が流行ると思えばメーカーは電気自動車に向くし液晶が流行れば液晶に向くし

 

僕が伝えたい事は?

 

1からビジネスを考えるより利益がうめてるビジネスに挑戦した方が良いという事です。ただ背伸びをせずに自分の資金とのかねあいを考えて攻める時と守る時を考えながら行動をしていけばチャンスは来る可能性も高まります。

1番イケナイのは頭で解っていても行動が出来ない事です。

 

なんで?福袋の話をしたのか?

 

昨日友達と会話をしていてこの話題になったのでつい調べてしまったからですwwアマゾン輸入とは関係がありませんが国内転売をしてる方は福袋はキーワードの1つですよね。オークファンというので過去の相場を調べればヤフオクの取り引き履歴がみれるので実際に僕もアマゾンで売る商品はモノレートでも確認をしますしオークファンでも確認をしたりします。

 

どちらもリサーチをする時に確認をしとけばより安全に仕入れができますがアマゾン販売の方はモノレートだけに頼りすぎな方が多いと思いますのでヤフオクの取り引き履歴を調べてみてアマゾンにカタログが無ければその落札された価格を参考にしてアマゾンで販売をしたりすればヤフーで売れていてアマゾンでは出品者が0人という商品もありますしその逆でアマゾンでは出品者がいてもヤフーではいないとか普通にあります。

 

リサーチをシッカリしている方は色んな角度から物事を分析しています。リサーチというのは時間を使い経験を積んで色んな商品をしっかりみてどのような海外ブランドが売れているのか調べていくと面白いですよ。そこから芋ずる式に見つけていくのでコツを掴めばサクサク流れ作業の感覚でリサーチが出来るようになりそこから外人と交渉をしたりするだけなので難しく考えると難しですが慣れたら別になんでもないただの1つの作業でしかないので外人とやり取りに難しく考える必要はないと思います。外人はフランクな方が多いので気さくな感じで接していけば大丈夫ですね。

 

 

 

 

コメントを残す