Amazon(アマゾン)輸入 2017年 ブラックフライデーの日程

やんぞうです。

 

今年も毎年恒例のブラックフライデーの季節になってきましたね。

 

アメリカでのブラックフライデーやサイバーマンデー等の日程をお伝えしたいと思います。

 

その前にブラックフライデーとは?

 

 

ブラックフライデーとは小売店などでのセールが開催されます。11月の第4金曜日が毎年ブラックフライデー開催日です。

 

この時はアメリカのネットショップやamazon等で大々的にセールをします。

 

アマゾン輸入実践者の方は注目すべき日でもありますがアマゾン販売者を長くやってるとこのブラックフライデーとは厄介な存在でもあります

 

 

何故なら?

 

自分が扱っている商品がセールに巻き込まれると少し残念な気持ちになります。必ず誰かにバレてしまい参入してくる恐れがあるからです。

 

勿論そんなのを気にしていたら仕入れができないのでなるべくamazon本体が売ってない商品をこの時期は扱う方がいいと思いますが

 

もう遅いって?ww

 

これは確率論と同じでこの時期の仕入れに少しためらいも出て普段からガッツリ仕入れている方も仕入れを抑える可能性もあるので一概にダメだとも言いずらいですね。販売者それぞれの考えがあるので気にしすぎてもだめ出し。全く気にしないというのは少し怖いかな?と思います。

 

例えどんなに安くなっても個数制限とかもでますので3個までとか5個までとかですね。仕入れは単発の作業ですが、へーって思う価格で販売をされるので注目はしますね。

 

 

本題の日程で行くと2017年の11月の第4金曜日は24日なので日本時間だと25日になります。

 

実はBlack Friday前日にはThanksgiving Dayというのがあります。

 

 

これはアメリカ合衆国の感謝祭にあたります。Black Fridayを皮切りに一気に年末商戦が始まり多くの小売店がセールを開始して消費者の購買意欲をわかせます。

 

余談ですが2016年には日本のイオンやノジマなどもブラックフライデーを開催していますww

 

次に待っているのがCyber Monday(サイバーマンデー)これは11月27日から始まります。

Cyber Monday(サイバーマンデー)って何?

 

サイバーマンデーとはブラックフライデーでは実店舗で買い物がする方が多いですが週をあけて月曜日になるとオンラインでの買い物をする方が

増えるのでこの時はネット販売者は煽りに煽ってセールをして消費者の購買力を長引かせます。

次に12月の第2週の月曜日なので12月11日がGreen Monday(グリーンマンデー)となります。

 

Green Mondayグリーンマンデーとは?

 

ebayが2007年から始めたホリデー商戦です。クリスマス前に商品が届くようにする為にここでも駆け込み需要があるので

 

 

纏めるとBlack Friday(ブラックフライデー)から海外では色々なセール等がおこなわれるので買い時の商品もタップリあると思います。

 

そういえば僕のアメブロの記事でもブラックフライデーの事は書きましたね。

下記をクリック

年末商戦の商品は考えてますか?

 

 

これからネット販売者には年末商戦というバブルが来るのでそれに備えて頑張りましょう。

Amazon(アマゾン)輸入 モノレートはどのような視点でみるか?

やんぞうです。

リサーチをしていてモノレートで過去の売れ行きを確認すると思いますがだいたい直近の3か月のデータを確認すると思います。

 

 

もしここで売れている履歴がないとしても過去1年の履歴も確認してみましょう。

もしかすると過去3か月で売れていない理由が見えてくる場合があります。

例えば過去3か月が値段が高かったり無在庫販売の人しかいない場合は売れない可能性があるのでシッカリと1年データを見た時に売れてるデータを見つけた場合は売れてる価格が相場という風に考える事が出来ます。なので過去3か月で売れてるデータが無くても売れる可能性はあるという事です。

 

 

1年データの時に動いていたデータを元にその価格帯で置けば商品相場がその価格帯の可能性が高いのでそのような商品というのはライバルがほぼいない状況なので利益率が高い商品を仕入れられる可能性が高いです。

 

 

1年データというのは季節物を見る以外にも長期的な販売価格というのを見れるので3か月データ以外にもこのように探すとお宝商品にぶち当たる時があります。

 

リサーチというのは経験を積めば積む程見る角度が変わっていき全体像を見ようとします。

 

 

これは初心者には難しいかも知れませんが中長期の動きを見る事により利益の取れる商品が更に見つかります。

ライバルがいないという事は価格競争にも巻き込まれないので自分の付けたい価格で販売をする事が出来ますがただし油断は禁物です。

ネット販売を長くやってる方は経験値が高いので色んな角度から仕入れ対象なのか判断をしたりしますがライバルが群がってる商品というのはどこかで価格競争が始まりますので極力は避けた方が無難です。

 

 

それか1度相場を崩して販売者を減らしてから価格を戻したりとか色んな方法でライバルを少なくさせて自分に有利にする方法を考えながらリサーチをしてみると今までとは違った見え方がするので1度このような見方をしてみて適正価格というのを確認をしてみて下さい。

 

 

視野が広がる事によりリサーチが今よりも上手くなると思います。

Amazon(アマゾン)最強価格改定ツール プライスター

こんばんは。

やんぞうです。

今更プライスターの話かよと思いますが知らない方もいると思いますので改めて紹介をしたいと思います。

プライスター

Amazon販売を経験している方は利用している方が多いと思います。
Amazonでも推奨しているのでここまで最強の価格改定ツールは存在しません。

商品点数が増えると馬鹿なセラーが1円とか下げたりして、いちいち手動で商品価格等を調整するのはめんどくさい
Amazonの価格改定ツールにはポイントは反映されないのでたいして使えない。

しかしプライスターはポイントにも対応をしているので価格改定が最強
プライスター

を使い細かい作業などはツールにやらせた方が便利です。

更に僕がオススメする機能はサンクスメールが自動で送れることです。
これは新規販売者の方でどうしても評価集めをするときには手動とツールでは
時間という大切なものをロスしません。

プライスターというリンクを踏めば動画で確認ができるので価格改定がめんどくさいと思う方は
無料期間だけでも試してみれば便利なのが実感できると思います。

更にこの価格なのにしっかりと、電話、メールにてサポートスタッフが対応します。

わからなければ聞けばいいだけ。

めちゃくちゃ便利ですよ。

Amazon(アマゾン)輸入 新規出品商品についての質問

こんばんは。

 

やんぞうです。

 

 

今日はコンサル生からの質問があり質問に対してお答えをしたのですが

質問の内容は

ある商品が海外では売れていて日本のAmazonだと無在庫販売者が俺様価格(ぼったくり)ともいえる価格で出品していたのですが

 

 

こういうのはどうなんですかね?

という質問を頂いたので僕はオークファンを見てヤフオクの取り引き履歴を確認して下さいと伝えましたが

楽天でも無在庫の販売者しかいないのでヤフオクでの販売履歴があればオークファンから何月何日にいくら?で販売されたのかが解るので確認をしてみて下さいと伝えましたが

 

 

 

もし、この時にオークファンでも販売履歴がなければテスト販売をしてみるしか解らないという回答をしました。

例えば海外で売れていて日本での販売価格が適正価格ではないから売れないという事は多々あるので

テスト販売をしてみてもいいと思いますよって伝えましたが

このテスト販売というのは僕も海外で売れているかを確認してから始めます。

海外でも売れていなければテスト販売すらする価値がないですが

海外で売れていて日本で適正価格を調べるにはテスト販売というのは必要になります。

 

 

 

とりあえず1個2個位仕入れてみて最初は高値で置いておきジワジワ価格を下げるという方法を僕は取りますが

テスト販売なので海外では売れていても日本では売れない可能性もありますが

ライバルが不在で海外で売れてるという根拠があればチャレンジをしてみてもいいと思います。

例えば簡単なのだと海外Amazonのレビューから逆リサーチをしていく感じですね。

 

 

海外のAmazonのレビューを見るには

 

アメリカAmazonで例えると適当にカテゴリーを選び選びおわったらキーワードはいれず

検索ボタンをクリックすると

 

 

今回は家電を選びましたが画面が切り替わり左下の方にいくと

 

 

 

 

 

ここから確認するとレビューの良い順とかに並び替わるので

 

 

 

ここから日本で売っていない商品とか?

相場からかけ離れた金額で出品していたら

チャンス商品だと僕は考えますのでリサーチの参考にしてみて下さい。

 

 

最近は初心者向けの記事を書いていますが

最初はみんな初心者なのでやはり初心者向けの記事の方が需要があるんですよね。

なので少し初心者向けに記事を書いていきますが初心者の方は少しでも参考にして頂ければ幸いです。

海外Amazon(アマゾン)の購入アカウントが停止 対処方法

こんばんは。

やんぞうです。

海外Amazonの購入アカウントが停止になった場合は下記の内容のメールが届きます。

今回はイタリア編www

Gentile cliente,

abbiamo rimosso il Suo accesso all’account in quanto non abbiamo potuto verificare le Sue informazioni di pagamento. Non sarà in grado di accedere all’account o di effettuare ordini con Amazon fino a quando non avremo verificato le Sue informazioni.

Per risolvere il problema, la preghiamo di inviare alla nostra linea fax sicura le seguenti informazioni:

— Una copia dell’estratto conto relativo alla Sua Amex che termina con le cifre 00, comprendente l’indirizzo di fatturazione
— Il nome, numero di telefono e indirizzo e-mail registrati sul Suo account Amazon

Può trovare il nostro numero di fax nella pagina di aiuto di Amazon.it:

www.amazon.it/fax

Convertiremo il Suo fax in un’immagine elettronica sicura. Per proteggere le Sue informazioni, limitiamo l’accesso alle informazioni di pagamento a un team di specialisti dell’account.

Il nostro team del Servizio clienti può confermare che abbiamo inviato questa e-mail, ma non è in grado di visualizzare il Suo fax o di condividere ulteriori informazioni relative al problema in questione.

Riceverà una nostra risposta entro 24 ore dall’invio del fax.

In alternativa, se non ha accesso ad un fax, La preghiamo di inviare le informazioni richieste al seguente indirizzo:

C/O Address Verification
Amazon IT, 4th floor
Beaufort House,
15 St. Botolph Street,
Aldgate, London EC3A 7DT

Le chiediamo di non aprire nuovi account in quanto qualsiasi nuovo ordine da Lei inoltrato potrebbe essere elaborato in ritardo.

Cordialmente,

Specialista sull’account
Amazon.it

とりあえずイタリア語を翻訳してみた…

親愛なる顧客、

我々は彼の支払情報をチェックすることができなかったので、我々は、アカウントへのアクセスを削除しました。私たちはあなたの情報を確認するまでは、アマゾンで注文をアクセスしたり、配置することができません。

この問題を解決するには、弊社の安全なFAX回線に以下の情報をお送りください。

 - あなたのアメックス請求先住所を含め、数字00で終わるに関する明細書のコピー
 - あなたのAmazonアカウントに登録された名前、電話番号、電子メールアドレス

あなたはAmazon.itヘルプページで私たちのファックス番号を見つけることができます。

www.amazon.it/fax

私たちは、安全な電子画像であなたのファックスを変換します。あなたの情報を保護するために、我々は、アカウントの専門家チームに支払い情報へのアクセスを制限します。

私たちの顧客サービスチームは、この電子メールを受け取ったことを確認することができますが、あなたのファックスを表示するか、問題になっている問題についてより多くの情報を共有することができません。

あなたは、ファクスを送信する24時間以内に返事が届きます。

あなたはファックスへのアクセスを持っていない場合は別の方法として、次のアドレスに情報を送信してください。

C / Oアドレス検証
アマゾンIT、4階
ビューフォートハウス、
15セントボトルフストリート、
Aldgateの、ロンドンEC3A 7DT

私たちは、あなたが提出したすべての新規注文が遅れて加工することができるので、新たに口座を開設しないようお願いします。

敬具

アカウントスペシャリスト
Amazon.it

伝わりづらいけど言いたい事はなんとなく解る。

 

 

今回はイタリアAmazonの購入アカウント停止でしたがアメリカも紐ずけられていて

 

ヨーロッパとアメリカの購入アカウントが停止になりましたが過去にもYNZグループの方で2名アメリカのAmazonの購入アカウント停止を経験しています。

 

 

YNZグループの方が購入アカウントが停止になった時にこの方法で簡単に解決が出来ました。カードはアメックスを使っているのですがアメックスに連絡をして明細書をもらいAmazonから求められてる。

 

利用したクレジットカードの明細書のコピー

アカウントの名前、電話番号、メールアドレスと記載がありますが

明細書にはメールアドレスとか電話番号は記載がないので手書きで記載をしてイタリアのAmazonにFAXをしたらFAXをした事をAmazonに連絡をしてもらいすぐに復活をしました。

 

 

過去にアメリカのAmazonの購入アカウントが停止になった時はFAXをしても確認をしていなかったらしく

2回FAXを送るという手間をした方が1人いるのでAmazonにFAXをしたら確認の連絡をしましょう!

もし購入アカウントが停止になった場合はこのようにすれば簡単に解決が出来るので困った方は参考にしてみて下さい。

最近のAmazon(アマゾン)の新規参入について

こんばんは。

やんぞうです。

最近のamazonはAmazonのカード情報を変えただけでアカウント停止になったり
これに関しては、

初めにVisacardで登録をしていた状態でアメックスに切り替えただけでアカウント停止になりました。

48時間でアカウントスペシャリストから連絡が来てアカウント再開のメールが来ました。

次は銀行口座を登録したら再度アカウント停止になるという鉄壁のガードの強さwww

amazonは新規販売者に対してかなり厳しい審査を入れてきてるのが解る。

過去に何十人もコンサルをしてきましたが今月に入った方は販売開始まで1週間位はロスをしている。

これも少しすれば改善される可能性もありますが
Amazonしだいですね。

今のところは今月に僕のコンサルを受けている方は何とかなっていますが
今後は色々と条件がでてもおかしくないと思います。

まだまだ他にもありますよ。

先月の下旬にコンサルを受ける事になった方は小口アカウントを持っていたのですが

大口出品に変更をしようとしたら大口出品に変えれないという状況になりAmazonのテクニカルサポートに問い合わせたら

この問題はいつ解決出来るか分からないという回答でした。

最初から大口になっていれば6月にはいいた方はAmazonのアカウントを持っていなかった為に初めから大口出品にしたので
無事な状態です。

小口でもFBAが使えるので個数を売った時に小口と大口では差がでてしまいますが
やれることをやるしかないので割り切りも必要ですね。

あれだけ詐欺業者が増殖したのだからAmazonも警戒して対策に乗り出すのは
当たり前のことですね。

野放しにするハズがない。

今の段階ではまだ簡単に解決できてますが今後はAmazon販売というのが新規の人に対して簡単にアカウントを作らせてくれるか疑問ですね。

もしamazon販売を始めたいと思っている方は始めるのは早い方がいいと思います。

それかアカウントだけでも作って適当な物を納品しとくとか何かしらのアクションをした方がいいですね。

今日は、今月に入った方と23時からスカイプコンサルがあるので状況なども確認しようと思っています。

あと、8月からYNZ講師のコンサル代金が見直しをされるので先に伝えとくのが筋だなと思い今告知をします。

今現在のコンサル代金の+5万円だとお考え下さい。

これから本格的に知識が必要になると思いますのでグループ一丸となってトラブルを乗り越えて
いこうと思っています。

amazon(アマゾン) 詐欺業者はどうなった?

こんばんは。

やんぞうです。

4月の中旬から一時期詐欺業者がAmazonで多発しましたが

1ヶ月も経たずにとりあえずはやっつけた感じがするのでAmazonは動きが早いですね。

この時は流石に売り上げは落ちましたが

すでに時間がAmazonの詐欺業者を風化させて忘れてしまいます。

ぶっちゃげこの騒動で辞めた方もいるんじゃないかなww

Amazonですよ!

資金は豊富にある。

僕はあまり考えずダメなら他の販路を増やしていけばいいと思っていたので

気にもしていなかったです。

とよまるさんと撮った動画でも詐欺業者の話が出てましたが

僕が話していた事を聞くと楽観的だと思いませんか?

僕はAmazonの力を信じてるw

世界のAmazonだから

これからも伸び続けるAmazonの力を楽しみたいですね!

Amazon(アマゾン)販売管理ツール マカド

こんばんは。

やんぞうです。

Amazon販売をしていると価格調整がめんどくさいと思いますが

下記を


マカド! Amazon総合管理システム

使えば楽になるので30日は無料なので試しに動画クリックをしてみて使い方の説明も3分位なのでAmazonの管理ツールとしては便利だと思います。

最近はamazonの詐欺業者が今後どうなるのかが気になりますが
一時的でもプライムのみにして一気にやっつけてもらいたいですね。

Amazon(アマゾン)輸入 基礎的な事ができるようになるまでの必要な時間

やんぞうです。

Amazon輸入の根本を理解するのにザックリですが500時間位使えば一通りの作業に対しては理解が出来るのかな?

って思います。

ただ個人差もあるので、何かにつまづくともう少し時間が必要かな?

500時間使用すれば交渉とか色々な知識を吸収出来て実践をして学ぶ事が出来てると思います。

現在では弊社のサービスで

海外電話交渉代行等もおこなっていますので以前よりスムーズにAmazon輸入を実践できます。

ただし、この500時間といっても2ヶ月の500時間と6ヶ月の500時間だと後者の方の方が時間を使う事が増える傾向にあります。

これは、僕がコンサルをしてきて実際に感じている事ですが、選択と集中という言葉かあるように始めにガツンと集中した方が時間対効果は高いんですよね。

ただし、人それぞれペースというものがありますので集中しすぎてストレスを強く感じるようになったら少し休息を入れて再び作業をしてインプットしていけばいいだけです。

難しく考えると難しく自分の脳が勝手に変換されていきます。

今回の記事はAmazon輸入を基礎的な事を一通り理解が出来るようになるまでにおおよそ掛かる時間を数字で発表しましたが

個人差はあるので500時間~700時間だとお考え下さい。

実質に作業に対しての必要な時間です。

500時間~700時間を集中出来れば理解が出来るという事は難易度的には難しくないと思いませんか?

例えば弁護士になりたいという方は、この数倍から数十倍と勉強に時間を費やすと思いますが

今の時代、弁護士が余ってる状況です。

このような事が20年前じゃありえない事が今の時代では当たり前です。

歯医者もしかり

昔は歯医者も少なくライバルがいなかったのに今では増えすぎて潰れる歯医者もあると僕が行く歯医者の先生が言ってましたが

時代は常に変化をしています。

勿論Amazonの規約等も常に変化をしているので新規のセラーに対しては非常に書類関係の提出等を求めてくるようになったので

なるべくなら早くアカウントだけでも作っておき販売しなくても申請等の回避を進めてもいいかもしれません。

ここらへんはAmazon販売をしている方なら過去と現状の違いを知っているので

Amazon販売に実践者の方なら、なるほどなと思って頂けると思います。

Amazon(アマゾン)輸入 2017年も変わらず攻め方は2016年同様か? Amazonの規約変更などの影響がない限り

やんぞうです。

あけましておめでとうございます。

今年も僕の記事を読んでいただけていることに感謝の気持ちでいっぱいです。

2017年もよろしくお願いします。

さてAmazon輸入について記事を書きます。

僕は、メイン商品、サブ商品、オマケ商品

っと商品の利益率と売れ行きをみて販売をしていますが、

サブ的な位置にある商品で

月に数万円位の利益が安定して取れる商品がありますが、

2年位は、この商品を扱っています。

このブランドは日本に総代理店があるので

メーカーに連絡をしてもしょうがないので、

メーカーと取り引きをしている販売者を見つけてワンクッションだけかまして仕入れてますが、

このブランドだけは仕掛けられる側にいます。

他の商品については仕掛ける側にいますが、

仕掛けられる側にいるのはツラいです。

利益率が低くなるので嫌なんですよね。

だけど月に数万円は固く利益を取れる商品はおいしいですよね。

単純に月に数万円の利益を取れる商品が仮に5万円だとします。

こういう商品を10種類集めれば固く5万×10で50万円の利益を確保する事が出来ます。

メイン商品、サブ商品、オマケ商品を作り販売をすれば安定します。

ただビジネスというのは完全に弱肉強食の世界です。

弱い者は撤退

強い者だけが生き残る世界です。

ビジネスに一歩足を踏み入れたら喰われないように強くならなければいけません。

強くなるには、交渉と資金が全てだと思うので

なので初心者は強いセラーにはに近づかない事を意識して商品探しをして下さい。

初心者は、強いセラーか弱いセラーかの判断も上手く出来ないと思いますが、

経験すれば、強いか弱いかは見えてくるので

ここでも数稽古が必要ですね。

安定した収益を得るのには時間が掛かります。

その時間を多く使えば使う程、本人が気がつかない内に強いセラーになってます。

ただし、方向性を間違えていたらズッと弱いセラーのままです。

要するに稼げてないセラーですね。

シッカリ全体像を見ながら判断していく事が肝心です。

もう一度言いますが、

絶対に初心者は強いセラーと戦ったらダメ!!

僕は、今だから全体像というのがある程度見えていますが、

初心者だった頃は、蹴散らされた事が多々あります。

その経験が今に至りますし、

その当時蹴散らされたセラーを今は僕が蹴散らしている状況迄もってこれるようになりました。

それでも、まだまだ強いセラーというのは存在するので

見るべきポイントをシッカリ見て商品探しを頑張って下さい。