ネット販売を覚えたお陰でパチプロから引退ができた

やんぞうです。

 

今日は僕が18歳から32歳までパチプとして専業で活動をしていましたが6年位前にネット販売というのを知ってからパチンコの合間を見てコツコツとネット販売をやりだし今では法人になってから4期目まで何とかなっています。今では物販グループYNZに86名の方がいるグループ運営者にもなり正直な話意外にすんなり楽しく進めてるなという感想です。これからもネット販売の市場は伸びるので期待感はあります。この記事を読んで頂けてる方はグループの方か物販関係者かパチプだと勝手に思い込んでいるのですがww

 

パチプロの厳しさ

 

僕も10年以上パチプを専業でやっていましたが昔は儲かったから別にいいけど今のピンのパチプの仕事量はかなり低いと思います。実際にやめた方も僕の周りにはいますしやるメリットが完全になくなったなという感じがします。金銭面の事だけを考えると

 

ただ長時間労働で大変だし台の心配もしないとダメだし朝から晩まで拘束されるし何も良いことがないんだもんw

 

軍団は別ですがw

 

ピンは50万がやっとの世界で戦っているのって正直安くないですか?直球になげますが更に無職ですよ。パチンコが本当に好きで月に20万でも30万でも稼げればいいやという考えの方は論外として。人生1度切りなのになぜ?チャレンジをしない方が多いのか僕には理解が出来ない。僕が専業の時は1日休めば3万損したとか目先の利益だけの事しか考えれずもっと先にあるお金を増やす資産を増やすという考え方を持っていなかったので今の自分なら過去の自分を叱りたい。ビジネスをもっと早くから始めていたらもっと今の自分より視野が広く色んな経験もできたんだろうなと思いますが昔はパチンコも儲かったから気にしてもしょうがないww

 

本題はピンのパチプは今すぐ僕に連絡をして動けw

 

僕は今でもGODとかたまに打ちますが趣味の範囲でマイナスの作業はなるべく避けてますw

 

何故?ネット販売がいいのか?

 

それはパチプをやっていたから本当に数字というのを知っている方なら、平均値とかの物事で考えれば今はネット販売なら負けない市場なのでだから僕もやってるしYNZグループの方もやっています。

 

パチプロによくある打たなきゃ今日1日損したとかの罪悪感的なものを無くして短期的なスパンで物事を見るのではなくもっと中長期的な判断がこれからは必要になってくると思います。来年の規制のあとが本格的なパチンコ業界の衰退が加速すると思います。

 

パチプロの方動く時ですよ。

 

僕の(マインド)思考について

 

こんばんは。

やんぞうです。

 

 

何故?

 

僕(やんぞう)が只の無名のパチプだったのに70人の物販グループを運営出来る所まできたのか?

何故だか皆さん分かりますか?

僕は明確に初期の段階からターゲットを決めており

それに対して長い間訴え続けた結果が今になります。

継続は力なりという言葉があるようにひたすら情報発信をし続けた結果なんですよね…

僕はAmazon輸入を教えていますが

どのように集客をしてグループ形成にいたったのか?

気になる方もいると思いますので少し記事にします。

 

ではその理由とは?

 

ここの本質的な部分を理解しないで僕と同じ事をしても僕は負けない自信があります。

ネット販売というのはジャンルが色々あり手法も違う。

資金が豊富にあるなら欧米輸入が一番仕組み化が出来ると思います。

物販ビジネスとはいえ

輸入、輸出、せどり

更に細分化すると欧米輸入、中国輸入

ebay輸出、Amazon輸出、

色んな分野があります。

僕から言わすと資金により取り組むジャンルを選ぶべきだと思います。

ここを間違えてしまうと思うように稼げない…

一番早いのは僕に質問をする事が早いと思います。

勿論、コンサル希望の方には無料でお話をします。

質問をする時は嘘偽りなく話して頂けると僕も親身に考える事が出来るので素直な気持ちというのが重要です。

ネット販売にチャレンジをしたい方は僕に連絡を頂ければ資金にみあったネット販売をYNZグループの講師から僕が選びます。

僕が本当のバカだったらここまで登りつめる事は不可能だと思います。

 

もっと詳しく!

 

少し正しい記事構成を伝えると

まず、

自分がやれる事で人が悩んでる事を探します。

順番としては

ターゲットを選びソコに共感する事を投げます。

ここから将来はどうなりたいのかを疑問的に伝えて少しづつ僕がやってる事を
伝えていき内容を知ってもらい結果がどうなるのか?

という風にイメージを持ってもらいます。

ここのイメージを掴んでもらうという点と信頼感というのは結構難しい課題ですが成せばなる。

信頼感というのは一瞬では手に入れる事が出来ない

時間を掛けて掴み取るものだからです。

他にも口コミ効果等を狙います。

この口コミ効果で何人もYNZグループに入会をしています。

次にインターネット上で集客をするにはとにかく信頼感が必要。

 

僕には湧き上がる自信が・・・

 

今日からコンサルをやります。

コンサル生は誰もいません…

という無名の方と70人の物販グループ運営者から

どのビジネスがいいのか選んでもらうでは信頼感と安心感という意味では天と地の差があります。

物販コンサルもやる人が増えて僕は3年以上前からコンサルをやっていますが

最近始めた方に僕が負けると思いますか?

YNZブランドは簡単には負けませんよ!

僕はグループ外の物販をしている方とも仲良くなりたいと思っていますが

意外に簡単に知り合えますよ!

あとは自分自身がどれだけ本気になれるかで変わります。

人生1度切り満足出来る生き方をしましょう!

追記で僕のビジネスマインドを少しでも学びたいと思ったら

1時間1万円で僕のビジネスマインドをお伝えしますので僕がどんな思考をしているのか1万円で聞けるなら安いと思います。

予約者の方からの質問形式でお答えをしていきます。

要予約制ですが僕のマインドを1度学んでみるのもいいんじゃないかな?

キャバクラで1時間1万使うなら僕と話した方が将来の為になると思いますので

本気で僕のマインドを聞きたい方はお問い合わせ欄からお問い合わせを下さい。

よろしくお願い致します!

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

Amazon(アマゾン)輸入 コンサルタントの悩み

やんぞうです。

僕は、Amazon輸入のコンサルタント業務をやらさせて頂いてますが
コンサルタントとしての悩みも正直にあります。

少しだけ説明をすると、

コンサル生といっても十人十色です。

その中でも結果を出せている人は言われた通りできる人です。

029

僕が運営しているYNZ(コンサル生だけのグループ現在26名)の方でも結果を素早く出している方は
「この人は素直にコツコツと言われた事を我慢強くやっているな・・・」

と僕がすぐに分かる人なんですよね。

逆に困る場合は稼げる前からオリジナルのリサーチをしたり
変なところで効率を良くしようとして本来やるべきリサーチという作業以外の
事をやりだす方は結果が出るまでに時間掛かっている傾向にあります。

言われた通りにできない人は少し悩んだりします。

疑問に対して答えを提示しても、
いまいち腑に落ちてない態度だったり
答えを一切参考にしなかったり・・・

一体何のために質問をしたんだろう?

と思う事もありますが、コンサルタントとしての
仕事は非常に面白いなと思います。

1つ伝えたい事は

「言われたことを、そのまま実践できる」
というのも、ひとつの才能ですよ。

だから僕は、素晴らしい結果を出している人の言うことを
素直に聞き入れて、実行できるようになったんです。

これまで振り返ってみて、
言われた通りにやってればなー・・・
という損はイッパイしてきました。

物販ではないですけど、、、、

僕が伝えたいのは、現実を見て、
必死になって身につけないといけないんだ。
って事です。

たとえそれがいつでも遅くはないです。

気が付いたら行動をしてみましょう。

ビジネスの基礎を知る為に参考になるオススメの作品
は下記となります。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=256862&iid=67144

上記の商材をシッカリ読んでください。

僕は、仲がいい人だけに何度も伝えてますが会員制ビジネスは強烈ですよ。

人脈の必要性

やんぞうです。

人脈の必要性について話したいと思います。

皆様も解っているとおもいますが、

人脈というのはとても大事です。

061

なぜかと言うと?

情報やチャンスは人が運んでくるからです。

一人で得られる情報や経験なんて限界があります。

そうした情報を人から聞いたり話したりしていく事で
情報量が増えたり、経験談が聞けるというメリットがあります。

自分1人の経験を1だとすると、それと同じ時間を使って他の事をしている
人の情報や経験値を足すと2になりますが、

そういう人がまわりに10人いれば
あっという間に経験値が11になります。

1人では1年間で1の経験値しか得れませんが
10人いれば1年間で10の経験値を得る事が出来ます。

つまり、情報や知識のレバレッジを思う存分発揮させる事が出来るという事です。

ただし、普通の情報では意味がありません。

結果を出していて大きく稼げている人の情報でないと、プラス1になるどころかマイナスになる事もあります。

ここは注意が必要ですね。

稼いでいる人との人脈を作る事は効率を良くする方法の1つです。

人脈を作る事は今の時代そんなに難しい事ではないと思います。

これだけインターネットが広がったので人脈作りもスムーズにいくのではないでしょうか?

ただし待っていてもチャンスは回ってこないので積極的に自分から動かないと
繋がりは作れません。チャンスはそこら中にあふれている事に気がついてください。

例えば、オフ会等に参加してみると共通の仲間や異業種の話等も聞けて良い勉強になります。

僕も、たまにオフ会を開催しますが

まだ1回しかしてないけどww

13名の方が集まりました。

こういう出会いの場に積極的に顔をだしても楽しいと思いますよ。

amazon(アマゾン)輸入って儲かるの?

やんぞうです。

amazon輸入って儲かるの?

という質問に答えたいと思います。

ビジネスとはネットビジネスであってもリアル店舗であっても
基本的な思考がなければ成功はしないと思います。

多くの方が挫折して途中で辞めてしまうのは、基本を理解していないからです。

ビジネスにおける考え方の基礎を学び行動し続けなければ稼ぎ続けることは出来ないと思います。

l_427

これは、どの業種でも同じだと思います。

常に現場と目的地を照らし合わせて合理的に進んでいるかを判断しなければいけません。

楽して稼ぐという考えでは無理です。

ただし、仕組みを作ると楽になります。

これも、初期のスピードより実践を踏んでいく事で成長スピードが急激に上がるようになります。

021

どんな事でもマインドが一番重要です。

例えば、Amazon輸入を実践すると

Amazonがどのように収益を上げているのか?

等も勉強になりビジネスというものを深く勉強できる機会が得れます。

今は個人が簡単にビジネスが出来る時代です。

Amazon輸入で実際に稼いでいる方はイッパイいます。

僕のコンサル生でも多数います。

これは、僕のコンサル生になれば僕のコミュニティがあるので入れば解るというオチですがwww

コミュニティとは?

「目的を共有している仲間達」

という意味です。

どんなビジネスにせよ,1人の力より複数の情報量を拾える仕組みを作ると
想像以上の力が発揮されます。

それと同じでビジネスでも成功している方は
複数の情報量を何本も増やしていってます。

世の中のどんなビジネスであっても
確実で安定がいつまで続くのかは
誰にもわからないのです。

柱が一本折れても違う柱で支えていけるように頑張らないといけません。

その為には、Amazon輸入は色々な意味で今の時代に合っていると思います。

amazon.com アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏の言葉

やんぞうです。

amazon.comのCEOジェフ・ベゾス氏の言葉で

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」

l_001

という名言を口にしましたが

amazon.comは、通販サイト世界最大の
売上高11兆円が目前に迫っている企業です。

amazonといえば、
「ネットとリアル店舗の融合」を掲げた
流通業界大手のセブン&アイHDと

「この戦いを制したものが日本を制する」
と言われている程激化をした戦いを勃発している企業です。

セブン&アイHDが展開しようとしている
「オムニチャネル戦略」とは、

全てを意味する接頭辞「オムニ」
経路を指す「チャネル」
を掛け合わせた言葉です。

つまり、同社のグループ会社全ての販売経路を一元化をし、
商品を顧客に提供するサービスのことです。

現在進行で進化をし続けている
この2社のサービスは素晴らしいと思います。

さて、ジェフ・ベゾス氏の言葉で

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」

ベゾス氏自身も、1994年に起業したときは、
スタートアップのための資金を
家族から借りていたほどお金がありませんでした。

それでも、「成功する確率は30%」と考えていたそうです。

その為に、
家族にはなくなってもいいと思うお金を
出してほしいと頼んでいたようですので、

今のベゾス氏とアマゾンの勢いを考えると
到底信じられないことです。

「絶対成功するはずだ!」
と思い込むことは必要なことでも、
かえってそのプレッシャーが重荷となり、
フットワークを重くします。

ですので、
「失敗して当たり前」と考えるぐらいのほうが、
挑戦への意欲を駆り立て、
フットワークを軽くする秘訣だといえます。

008
僕も、失敗覚悟で挑戦することは多々ありますが、

「必ず成功する!」と信じる反面、
「失敗から学べることはある」と想定しています。

「失敗を想定するなんて弱すぎじゃんと思う方は」
そう思われるかもしれませんが、

逆にこう考えたことはありますか?

「失敗をしない人生なんてありますか?」

この質問に「Yes!」と答えられる人はいませんよね。

なぜなら、人は皆、必ず失敗するからです。

「ビジネスで失敗した・・・」
「好きな人に告白して失敗した・・・」
「買い物に失敗した・・・」

といった失敗は良くあります。

なので、「失敗を想定した行動」は必要になってきます。

そうした失敗を想定した行動をしていると、
たとえ失敗した時に

「ありえない・・・」

と感じても、そこからすぐに再起できる

「気持ちの切り替え」
「行動の速さ」
「新たな挑戦への意志」

を芽生えさせることができます。

ですのであなたも、
失敗を覚悟して、心を軽くしてみてください。

失敗を覚悟すれば、
失敗した時の再起のスピードが格段に上がりますので、

「必ず成功する」と信じる反面、
失敗を想定した行動を起こしていかれてください。

気持ち的には成功を信じて、
それでも、現実的に失敗を受け入れる。

その心境が成功の確率を高めていきますので、

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」

というジェフ・ベゾス氏の言葉を胸に刻み、
成功の道を突き進んで下さい。

Amazon(アマゾン)輸入販売 脱初心者セラー 初心者

やんぞうです。

少しマインドの話をしようと思います。

l_069

どんな事でもその物事を深く理解するには、

知識を得る(インプット)だけでは難しいです。

それにプラスして実践経験(アウトプット)が必要です。

インプットした物をアウトプットして脳に染み込ませていく事でより深く理解できます。

こういう事はスポーツに例えると分かりやすいのですがちょっと知識をつけて、たった2,3ヶ月練習したぐらいでプロレベルにならないですよね。ビジネスもそれと同じでちょっと知識をつけて、たった2、3ヶ月やって大成功出来たら世の中成功者だらけになっちゃいます。

 

最初から完璧は無理です。

 

どんな事でもコツコツ努力するからこそそれに見合う対価が得られます。

なので僕の場合はどんな事でもまだまだ知識不足だと思い行動するようにしています。

そうすれば自然とより深く知識を吸収出来るようになります。

例外で、3か月程度でも結果を出せる人はいますがお金を使う事に全くためらいがない人は成功スピードも早いですね。

ネット販売限界値

やんぞうです。

ネット販売で1人で稼げる限界値を説明しようと思います。

002

僕のやった感じだと、ネット販売で外注等をフルに使って月収200~300万が限界だと思います。

人を雇って、資金も豊富にあるのならそれ以上も可能かもしれませんが、
このあたりが限界だと思います。

だいたいが資金繰りでつまずきます。

もしお金を異常にもっているのならネット販売ではなく他のビジネスをオススメします。

ネット販売に話は戻しますが、ネット販売を続けていくと
必ず資金繰りで困ります。

そこで、ネット販売以外にも収入を得ようと色々と模索します。

ネット系で稼ぎ方の効率の良さの順番をいいますと

まず、

ネット販売<コンサル<セミナー<塾<アフィリエイト(商材屋含む)

この順番がネットで効率よく稼いでいける順番だと思います。

やはり、ネット販売は物を動かすだけあって作業量が他のネットビジネスより多くなってしまいます。

ただネット販売が1番手堅いビジネスなのは、間違いありません。

<セミナー<塾<アフィエイト(商材屋含む)
これにつきましては、1撃があるかもしれませんが、継続的に稼いでいくのはかなり難易度が高いです。

僕としては、セミナーや塾はやりたいですね。

コンサル生の方にも手伝っていただいて塾などやりたいな、という願望はあります。

まだまだ、僕はネット業界では知名度が低いですが頑張っていこうと思います。

Amazon(アマゾン)輸入資産を増やす為のマインド

やんぞうです。

稼ぐスピードを上げるためには、

l_092
お金を使っていったほうがいいです。

何でも安く済ませようとしたり無料で済ませようとすると逆にお金が増えていきません。

ただし無駄な浪費は意味がないのでやめたほうがいいです。

例えば、

 

 

月収がトータルで50万円あったとします。

生活費が20万円だとして残りの30万円はどうのように使っていくのかということですが無駄に使うことは論外ですが貯めることも実はよくないです。

貯めていると当然ですが貯めた分しかお金が増えません。

なので次の稼ぎに繋がるようにうまく投資していくことをお薦めします。

 

 

物販であれば仕入れにあたりますが仕入れに当てるだけではやや寂しい感じがあります。

なので教材や塾にお金を使う選択をしていきましょう。

コンサルティングでもいいです。

 

 

無料情報なども実は価値が高いものが数多く存在します。

ただどうしても人は無料のものや安いものに価値を感じにくいことは事実です。

 

 

そのため本来価値の高いものでもその本来の価値を感じることができなかったりします。

情報やサービスに高いお金を使うメリットは質の高い学びを得ることはもちろんですが自分自身にエンジンをかけることにもつながります。