Amazon(アマゾン)輸入 2017年 ブラックフライデー状況

やんぞうです。

 

今日はお昼頃に明日からの外注作業の最終確認の連絡をして本格的なブラックフライデーに挑みます。

 

さっき試しに2時間程リサーチをしてしまったwww

 

 

個数制限の掛かっている商品に限定をして商品をチョイスして単純転売ですが60万位は仕入れができた。

 

 

単純転売というのは生産性がないですがこういうセール期間の時は別ですね。

 

 

やはり前倒しでかなり安くなってる商品もありますね。

 

 

今日はYNZグループの方、5人と話しましたがそのうちの1人が自分が売ってる商品がメーカーのサイトで半額になってます。

という話になりコレがブラックフライデーとかサイバーマンデーの怖いところです。

 

 

ただしその商品はメーカーのサイトで普通に買うと今現在だと利益率が15%位らしいので、その方はもう少し安く仕入れが出来ているので問題はなくライバルと仲良く値段を合わせて仲良く売ってたのにこれは参入してくる可能性はありますか?みたいな話になり僕は15%位の利益率があれば参入してくる可能性はありますね。っと伝えました。

 

 

ここからが重要

 

この単純転売で利益率が15%だと入られた時がライバル増加となり価格競争が起きる確率がたかまります。

 

 

ここを回避する唯一の方法は今の販売価格を下げて利益率10%のラインまで落とせば流石に入らないんじゃないかとアドバイスをしましたが利益率10%は普通なら拾わないし特にこんなセールの最中にこんなゴミみたいな利益率の商品は取りにいく必要はないと思います。

 

20%30%の予想最低利益率は目指したいですね。

 

 

むしろこんなセールだからこの位の利益率はとれて当たり前だと思います。

 

 

単純転売の怖さもここで説明をします。

 

 

ここで簡単にそんなセール商品とかを買うといくらタイムセールだったり1日限定だったり個数制限が掛かっていてもライバルがそういう商品を見つけると商品が到着して販売する時には価格競争が激化してる場合もあるのでスピード勝負のところもありますが、

 

 

資金に余裕があり焦って売る必要がない方は価格をある一定のラインまでしか下げず海外の価格と照らし合わせて海外の価格が戻っていれば自然とセール価格で商品が仕入れられなくなるので待ってれば自分の順番が回ってくるので資金がある人はジックリ価格の動きを見て利益を取りにいって下さい。

 

 

このようにセール商品とかは海外の価格と日本の販売価格がミスマッチを起こして価格が逆転するパターンもあるので焦らずしっかり利益を取りにいくという事を心がけて下さい。

 

 

だって安売りして得する事なんかないじゃん。

 

 

僕はグループの方には基本は自分から相場を崩すような教え方はしていないので、ただ状況によっては戦略の1つで値段を下げる時はありますが、それは考えた結果下げたという事でやみくもに馬鹿の1つ覚えで価格を下げるような事はしないようにしましょう。

 

 

値段を下げたって追撃されるだけなのでww

 

 

 

 

 

アメブロで実際に役にたつツール アメーバキング2

やんぞうです。

 

以前も紹介しましたが僕はアメブロでこのツールを使っています。

 

下記をクリックして頂ければ商品説明に飛びます。

 

 

アメーバキング2

 

僕はアメーバキング2を使ってアクセスや読者などを集めています。

 

やんぞう???

 

 

こんなネタ話をしていいのかよと思いますが僕はビジネスをしています。

 

簡単にいうとインターネットビジネスですね。

 

 

ネット販売もネットビジネスにあてはまると思うので

 

 

これはこれからの時代を読むと世代交代が始まると更にインターネットを使う人が増えるのでインターネットでお金を稼ごうと思ったら試行錯誤しながら色々な実験と検証をして確認をします。

 

僕が運営する物販グループYNZのグループの人は全て83名アメブロか?口コミからの応募なので下記の記事を書いたのが

 

アメーバキング2を使ってブログ集客を増やす方法

 

 

 

2016年3月15日です。

 

 

この日付けからYNZのグループの人は50人位は増えています。

 

 

物事にはアナログでやる事と効率化を目指してネットの力を借りる方法を取り効率よくビジネスを回せるようにしないと時間がいくらあっても足りません。

 

 

 

 

 

 

Amazon(アマゾン)輸入2017年2016年のブラックフライデー

やんぞうです。

 

とうとう明日はBlack Friday(ブラックフライデー)ですね。

 

日本時間だと25日になるので明後日というのが正確ですね。

 

皆さんブラックフライデー対策はやっていますか?

 

僕はこのセール期間中は外注さんを使って作業をしますが今年は2017年なので2016年のブラックフライデーの記事を確認してみたら2016年のブラックフライデーの記事に飛びますw

 

下記をクリックして頂ければアメブロの記事でブラックフライデーの時は何をしていたのか?ww

 

ブラックフライデー

 

こういう記事も書いたんだなとふと思い出しました。

 

最近もブラックフライデーの記事は書きましたが今年の記事の方がまともでしたねww

 

 

その記事はこちら

 

Amazon(アマゾン)輸入 2017年 ブラックフライデーの日程

 

今現在も海外のショップとかを見たりメールをみたりするとセール商品がだいぶあるのですでに頑張って仕入れをしている方もいると思いますが

お宝があったら教えて下さいww

 

 

1年に1回のビックセールなのでシッカリ戦略を練って準備をしていた方は美味しい思いができると思います。

なんでもそうですが行き当たりばったりよりも何年もブラックフライデーというのを経験していると見えてくる視点は初めて経験する人との間には

差はだいぶつくと思います。

 

 

今年初めてのブラックフライデーの方はひたすらパソコンと向き合って動きを見てみて下さい。何事も経験です。

 

 

同じ経験を繰り返すと自分で物事を考えれる方はオリジナルの攻め方とかをあみだしたりします。

 

 

 

 

僕はバタバタしてもしょうがないので今年も去年同様の攻め方をしてシッカリ利益は取りにいきます。

 

 

もうショップとかをみると日替わりのセール品とかが販売されていますね。

 

フライングww

 

 

僕はのんびりと外注さん頼りの攻め方なので去年と同じくらいの収益がこの大セール期間でいい商品をゲットして上手く利益が出るように立ち回りたいなと思います。

 

 

 

意外と立ち回りとかはパチプって上手いんですよね。

 

 

人によるかwww

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン販売でトラブルが起きたらテクニカルサポートにすぐに聞く

やんぞうです。

 

アマゾンで販売をしているとちょっとしたトラブルが起きたりしますが

 

この時はすぐにテクニカルサポートに連絡を取り状況を説明してどうすればいいか聞けばたいていの事は解決します。

 

 

しかし…実はこんな裏話が…w

 

 

アマゾンのテクニカルサポートというのは担当者により返ってくる答えも違う事も多々あります。

 

 

これはアマゾン販売をしていて厄介だなと一瞬思う時ですね。

 

 

さっきの担当者はこんな回答だったけどその手順で上手くいかず再度テクニカルサポートに連絡をして担当者が違うと別の回答が返ってきたりと個々の担当者によって回答が違う時があります。

 

 

アマゾンのセラーセントラルの管理画面にあるお問合せ履歴の管理からアマゾン側も把握してるからアマゾンにさっき聞いたらこんな回答だったとかシッカリ指摘をしてアマゾンという企業をよりよい企業になるように販売者自身も変えていこうという意識をもってもらいたい。

 

 

 

たいていのトラブルは1人目の担当者の回答で解決しますがたまにテクニカルサポートに連絡をしてもたらい回しにされる時もあるww

 

 

 

アカウントスペシャリストの場合は非情でたらい回しというより一方通行で事務的な回答や無理難題な事をおしつけてくる時がある。

 

 

アマゾン販売で1番厄介な存在がアカウントスペシャリストですね。

 

 

アカウントスペシャリストの話は別の機会に記事にします。

 

話を戻して….

 

テクニカルサポートでもたらい回しにされるのが何故?

 

 

起きるのか考えてみた結果

 

 

アマゾンという会社の成長スピードが速すぎてマニュアル化がシッカリ行き渡ってないという結論に辿りつきました。

 

 

普通の企業ならトラブル等の問題をマニュアル化させて情報等がすぐに解るようにしてシステム化をしてるハズなのに

完全にそのシステム化に達成出来ていないという事は

 

 

それはアマゾンの成長スピードが速すぎて社内のマニュアルにスタッフが追い付かない状況なんだろうなと僕なりに分析をしてみた。

 

 

ただダメ人間だけが働いてるという事ではないというのを願いたいw

 

 

 

アマゾンというプラットフォームはネット販売をしている方からすると外せないプラットフォームでも有り絶大な力を持っている。

 

 

アマゾンを制する者はネット販売を制すると思う。

 

 

本当ならある程度アマゾンで売り上げが経って来たら他のプラットフォーム等も使い販路を増やして売り上げ増加を狙うのがベストかな?

 

 

 

多販路を使う事により売り上げ増加とリスク分散になるからそういう視点で見ていきましょう。

 

 

 

 

 

Amazon(アマゾン)輸入 メーカー仕入れの方法

やんぞうです。

 

今日はYNZせどり講師のやまさんと僕のコンサル生と3人で大和で飲みましたが少し物販の話でメーカー仕入れについて動画を撮りました。

 

酔っぱらっていて少し言葉足らずのところがありますが動画を1度確認をして頂き言葉足らずの場所は記事で説明をします。

 

 

 

 

 

 

 

完全に酔っぱらってますねww

 

 

さて酔いも冷めて動画を見返した結果

 

 

内容がひどいw

 

 

ここで少し間違いから説明します。

 

まず、メーカー仕入れが商売の土台ではないと伝えてましたがこれは間違いなので最終的に土台になるという事を伝えたかったのですが

初心者はモット簡単なことをやりながらステージをアップさせていけば僕はいいんじゃないかな?って思います。

 

僕のやり方はこんな感じですがメーカー仕入れと言っても色々な考えを持ってやっているのでネットで完結するメーカー仕入れという事になります。

 

 

検索をすればメーカーのサイトとかでてくるのでメーカー仕入れがしたければ1つの手法だとお考え下さい。

 

ネットで完結しないのは現地の展示会とか行けばいいと思います。

 

 

ネット販売も追及すると色々な手法がありますが結局は商品販売というのをどう考えるかによって行動が人それぞれ変わると思います。

 

色んなことを経験しながら楽しみましょう。

 

酔っぱらっていて更に軽いノリで話しているので不快感を感じた方は申し訳ございません。

Amazon(アマゾン)輸入 モノゾン 拡張機能に追加 アマゾン販売なら必須

やんぞうです。

 

今更モノゾンの話をしてもしょうがないと思いますが僕が使っている拡張機能の一つで本当なら僕が使っている拡張機能のまとめを

作れば良かったのですが記事を編集するよりカテゴリーの方で拡張機能を選んで頂ければ全てではないですが僕が使用している拡張機能にとびます。

下記をクリックしていただければ大丈夫です。

 

http://yanzo24.com/category/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E6%A9%9F%E8%83%BD/

 

意外と記事を付け足した方が気楽なんですよね(謎

 

モノゾンの説明をします。マノゾンの登録は下記のURLからgoogle Chrome追加できます。

 

モノゾン

 

モノゾンを拡張機能に追加するとこのような画面になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノゾンを拡張機能に追加するとモノレートでこのように販売個数を教えてくれます。

 

この数字は気休め程度に考えて下さい。自己発送のとかはカウントしていないのもあるので無料で使える拡張機能なのでそこらへんは柔軟に対応をおねがいします。

 

 

2枚目の画像を見るとモノゾン(PRO版)といいのが微妙にみれますがこちらは有料ですね。

 

一応下記にリンクは張っておきますのでご確認下さい。

 

モノゾン(PRO版)

 

とりあえずざっくりと何となくでも売れてる個数が分かればとりあえず仕入れてみて実際に自分で販売をすれば売れ行きというのは解ると思いますので

いきなりガツンとはいかないで確認作業をシッカリしてから大量仕入れをした方がいいと思います。

 

Amzon(アマゾン)輸入 今は円安になってるけど大丈夫?

やんぞうです。

 

輸入ビジネス、輸出ビジネスをしていると為替が急に動く時がありますが

 

これについては

 

ふと過去の動画確認作業をしたらこんな懐かしい動画が出てきました。

下記をクリックして頂ければ動画に飛びます。

 

Amazon輸入 為替の影響とは? YNZ やんぞう

 

これは動画でも説明しているように自分本人だけが為替の影響を受けるのではなく平等に受けます。

 

 

なので短期スパンで物事を判断するのではなく中期的なプランを考えて先に進めればいいと思いますが今日久しぶりにお会いしたグループの方とお話をして逆に赤字にする方が難しいですよねと話していましたがこの内容は他の方とも話題になります。

 

 

要するに仕組みが完成しているのであとはコツコツと継続をして安定収益を出せるように頑張りましょう。

Amazon(アマゾン)輸入、税金、確定申告、税理士紹介

やんぞうです。

 

今日は法人にして4期目の初の税理士と会い色々な話をしました。消費税の予想金額や法人税の金額がどの位でいつまでに用意をしとけばいいのかという話をしました。

 

 

僕の場合は法人なのでAmazon輸入や他のネット販売を今年から始めた方は個人事業主にあたるので(最初から法人の場合は除く)2017年度分は1月1日から12月31日の1年間の利益等を計算して2018年の2月15日から3月15日迄に申告をしないと無申告になってしまうのである程度利益が出たらシッカリ税理士にお願いして申告等をした方がいいと思います。

 

 

 

何故なら?

 

 

今年度分は白色申告をして来年度から青色申告をすれば65万の控除があるので税理士にお願いをすれば来年度分(2018年)のがしっかり青色申告が出来るのでこの65万というのは大きいので来年度等の事も考えてみて自分で申告が出来ないようでしたら税理士にお願いするのが選択肢として正しいと思います。

 

 

税理士のハンコがあるのと素人が書いた申告書を税務署が確認をした時に税理士をつけているとシッカリと第三者が確認したという事で税務調査が入りづらくなります。第三者が確認しない=いくらでも誤魔化せれるという風になるので

 

 

 

僕が利用している会計事務所は、横浜、渋谷、新宿、日本橋、名古屋、大阪、福岡、仙台

にありますので税理士探しのお困りの方は僕にご連絡を頂ければご紹介をする事が出来ます。

僕が利用している会計事務所は税理士の無料相談ありますので相談するだけでも分からない事は相談をした方がいいと思います。

 

 

あとから追徴課税とか嫌だと思いますのでシッカリと税理士に相談をしてどうすればいいのか聞くべきだと思います。僕の使ってる会計事務所はYNZグループの方も利用していますね。色んなジャンルのネット販売の知識があるので必要書類の説明とかはないので楽です。

 

 

問題は?

 

 

 

何も知らない会計事務所に行くとネット販売の知識がない場合も有りペイパルすら知らない可能性もあるのでそれからの説明になるのでめんどくさいと思います。やはり顧客でネット販売の顧客を持っている会計事務所に相談をすればスムーズに話は出来ると思います。

下記の僕のアメブロの記事でも似たような感じですがこちらの記事も確認をして頂ければより細かく理解できると思います。

 

 

Amazon(アマゾン)輸入、輸出、国内、組み合わせは自由

やんぞうです。

 

最近YNZグループの方で僕が輸入のコンサルをしている方がいますがこの方のお父さんがある実店舗のお店をやっておりある時にこの実店舗で売っているある商品をamazonのFBAシュミレーターにいれたら驚異の利益率70%越えww

 

毎日何十個も売れてるwww

 

 

この商品に関してはamazonでのFBA納品が最終的には出来なかったのですがアマゾンのテクニカルサポートの人6人位とやり取りしたあげく最終的にいざ納品をしようとしたらダメなのが判明したらしく僕に連絡がありました。

 

 

しかし

 

自己発送では売れるみたいなので話した内容から売れ行きと利益率とかを考えたらその商品だけで月に50万位は利益が取れそうな感じでした。

 

その時にその方に自己発送で送った商品の中にショップのURLとかを同封したらまずいですかね?みたいな話になりアマゾンで購入するとたまに入ってる場合がある。

 

アマゾンの規約では外部に誘導するのは禁止しているので販路を増やせばいいんじゃないんですかね?っと答えたのですが、この商品自体素人が簡単に参入できる商品ではないので権利とかの問題もあるから

 

 

んで、この方に僕は輸入と全く関係ないのにいいところにたどり着きましたねと話したら輸入をやっていなければアマゾン販売も知らなっかたし、この商品がこんなに売れるとも気が付かなかったですという話になり僕は嬉しくなりましたね。

 

 

こういうのも何かをキッカケでふとした時に繋がるじゃんと気が付きそこに参入が出来たのは確かにアマゾンというネット販売を覚えたことにより知識がついて調べてみようとなった訳で僕の中では基礎的なビジネス力をつけるのはネット販売という業種はやり易く辞めたければ仕入れをやめれば在庫が勝手に無くなるので始める方も多いですが知識がないとすぐに脱落します

 

 

なぜか?

 

 

利益が出てる人はネット販売をやめないからです。ただし例外もありますそれはネット販売より利益が出るビジネスを見つけた時は事業の方向性

を変えるかもしれませんが基本は利益が出ていて上手くいっていれば辞める必要もないですからね。

 

 

幸いにもこれからネット販売の市場は拡大していきます。これは飽和するまではガンガン稼げる内に稼いでいくというスタイルは大切です。

 

10年前に今のパチンコの状況になると予想をしていましたか?

これだけどん底まで落ちるとは予想していた方は僅かだと思います。

 

なのでどの業種にも言えますがシッカリ稼げる内に稼いでおくというのは現実問題として必要です。

 

1番ダメなのがなぁなぁになってしまう事です。

 

僕は動けるうちにいろんなことがしたいので今はYNZグループ拡大が最優先ですがいずれ中古担当のとよまるさんもYNZ講師として表明して頂けるのを待っている状態です。

 

 

更にバイマ担当も作るために今YNZグループのある方に勉強をしてもらい利益が出るようになって仕組みさえ完成したら更にYNZグループでやれる物販のジャンルが増えるのでネット販売をやろうかな?っと思う方に対して間口を広くするのは当然の行動でありこれからも上だけを見ていきます。

 

このバイマの方も有名な方ですよww

 

 

Amazon(アマゾン)輸入 パチンコと比較してどうなのか?投資?

やんぞうです。

Amazon輸入は、ハッキリと言いますが投資と同じ感覚です。商品というのは原価がありたまに資金に行き詰まった人は赤字でも捌いて現金化しますがだいたいそういう方はAmazon輸入から撤退していきます。欧米輸入をやっていると、どうしてもタイムラグが起きて商品を販売する時には価格が下落してる場合も普通にあります。

 

 

そういう場合は海外の価格が下がっていたり、ライバルの在庫が明らかに多い時以外は多少高い値段で放置をしていても自分の順番が回ってきます。

安売りの人から消えるので

 

 

タイムラグの話を仕入れてMyusに到着して重さをためて転送をかけてから更に日本に商品が届くのに日数が掛かるからです。

これは交渉して直送が出来るなら直送の方が商品も早く届くし大量に仕入れる仕入れ先ならmyusより送料が安く済む事があります。

myusも送料等で利益を出しているので大量仕入れの場合は仕入れ先に日本に直送出来るかきいて出来るようなら金額を聞いてみてmyusと比較をしてみてもいいと思います。

 

 

さて僕がAmazon輸入は投資感覚だと書きましたが僕のメインブログのアメブロの記事で詳しく説明をしています。

下記をクリック

お金を寝かせてるならお金に働いてもらえ

 

 

 

この記事を読んでみてどう思いましたか?資産を増やすには増やし方の順番があります。

最初から資金が大量にあれば色んなビジネスにチャレンジは出来ますが少ない資金で失敗をしないようにするには再現性が高い物販ビジネスをオススメします。

物販グループYNZ83人これは色んな情報が集まってきてもおかしくないですよね。

まだまだこれからもネット販売をやる方は増えると思いますが人が集まる所にお金の話というのがあります。

特に商売をしている人同士だと色んな話が聞けたりして面白いので色んな業種の方がYNZグループに入って頂けると嬉しいですね。

色んな分野のコンサルがあるので資金と自分がやりたいというジャンルがあるならチャレンジしてみるべきです。